レビトラなどのED治療薬の薬名とリングについて

医薬品には先発医薬品と後発医薬品の2つの種類を持つものがあります。
先発医薬品は膨大な開発コストをかけて医薬品が誕生するのに対し、後発医薬品は開発コストが殆どかからないため、値段が安いと言う医薬品を使う側のメリットが在ります。

また、後発医薬品は先発医薬品と同一の有効成分になっているため、効果などについても同じである事からも利用される人が多くなっています。

尚、ED治療薬のレビトラはバイアグラに続いて知名度を高めている医薬品であり、先発医薬品としての地位を確立していると言っても過言では在りません。
日本においても、厚生労働省がレビトラを承認薬として定めており、病院での処方を受ける事が出来るようになっています。

尚、レビトラのジェネリック医薬品の薬名はレビトラではなく、それぞれの製薬会社が定めている薬名になっており、インドの製薬会社が製造販売を行っているものにはバリフと呼ばれているジェネリック医薬品が在ります。

所で、EDと言うのは自力で勃起状態にならないケースと自力で勃起状態になっても元の状態に直ぐに戻ると言う2通りのケースが在りますが、後者の場合リングを装着することで射精に至る勃起状態を維持させることが出来るケースも在ります。

リングと言うと、アダルトショップなどで販売している男性器に装着する玩具をイメージされる人も多いかと思われますが、リングは医療器具の一つとして病院でも早漏治療などで活用されていると言われています。

リングは男性器の根元部分に装着することで、勃起状態の時の血流を逃がさない役目を持つもので、EDの症状を持つ人と言うのは酵素の働きが在り、勃起状態になっても血流を留めておくことが困難になる事からもリングを装着することで、勃起の持続力を作り出すことが出来るケースが在ると言います。

レビトラの関連記事一覧

ページトップへ