カマグラ発泡錠やレビトラの比較やまとめについて

カマグラ発泡錠やレビトラの比較をする男性
EDの症状には勃起状態にならないケースと勃起はするけれども途中で元に戻ると言う2つの症状が在ります。
どちらも勃起を抑制する酵素が原因だと言われており、ED治療薬は酵素を阻害する作用が在るのが特徴です。

尚、ED治療薬と言うとバイアグラをイメージされる人は多いかと思われますが、バイアグラには色々な後発医薬品が在りますし、バイアグラとは別の有効成分になっているレビトラなどの治療薬も在ります。

レビトラの有効成分は塩酸バルデナフィル水和物で、国内での承認薬の一つで、用量の種類としては5mg、10mg、20mgの3種類になります。
尚、レビトラは先発医薬品であり、バリフやブリトラなどのジェネリック医薬品を海外の製薬会社が製造販売を行っています。

バイアグラにおいてもカマグラと呼ばれているジェネリック医薬品が在ります。
カマグラにはカマグラ発泡錠、カマグラオーラルゼリー、カマグラチュアブルなどの種類が在ります。

尚、これらをまとめてカマグラと呼んでいるわけですが、カマグラ発泡錠はオレンジ味の発泡剤タイプで、コップの水にカマグラ発泡錠を溶かして飲むタイプで、カマグラオーラルゼリーはライチ味やグアバ味、キャラメル味、ラズベリー味、キウィ味、いちじく味、グリーンアップル味の7種類のED治療薬が1箱の中に7包になっています。
カマグラオーラルゼリーは、カマグラ発泡剤とは異なり、水が無くても服用できる便利さが在ります。

カマグラチュアブルも口の中で溶かして服用できるタイプで、イチゴ味、オレンジ味、バナナ味、パイナップル味の4種類が1箱の中に入っています。

尚、日本国内での処方されているバイアグラは25mgもしくは50mgで、カマグラ発泡剤などは100mgになるため、半分若しくは4等分にするのがお勧めです。

レビトラの関連記事一覧

ページトップへ